幻の滝、高滝森の滝

 

高滝森(1159.7)は山田町と大槌町の境にある山で山麓は東金沢壷倉牧場の牧野です。この牧場は宮古市長沢の南川目の奥地で川井地区の蓬平とも尾根沿いでつながっており、宮古、山田、大槌を跨いでいる広大な牧野です。高滝森はその名が示す通り、高い落差の滝があるから名付けられた名前で、この滝は国土地理院25000/1地図だと『高滝森』と『陸中金沢』の2枚の地図のつなぎ目にあたるため、印刷の都合上長年、地図に載らない滝でした。しかし、近年は地図をつなぎ目のない一枚物としてインターネットで閲覧できるようになり滝の存在も知られるようになりました。

高滝への道は大槌町から小国へ抜ける県道26号線小又口から折合集落へ入り、林道を低速で40分ほど上ります。林道が通行止めとなる高滝橋から徒歩で30~40分です。詳しくは本誌『みやこわが町』2015年7月号・特集・初夏の滝めぐりを参照してください。

上の動画はブログ用の縮小版です。道順などのより詳しい動画は下記のurlでファイルをダウンロードして、各自のメディアプレーヤー出で閲覧してください。(Quicktimeでは再生できません)

詳しい動画はこちら

こちらはYahoo!ボックスの公開フォルダです。ここにある動画ファイルをダウンロードしてお手持ちのメディアプレーヤーで再生してください

また、本サイト右側のコンテンツから「アウトドア」をクリックすれば過去に取材で訪れた滝の動画が閲覧できます(一部リンク切れあり)

がんばろう宮古。鍬ヶ崎小学校入学式

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
四月下旬、宮古地方も桜が咲きました。被災地にも春がきて瓦礫と対照的なピンク色の花が満開となりました。そんな4月26日、桜と瓦礫を撮影するため鍬ヶ崎小学校に立ち寄ったところ、丁度、入学式が始まるところでした。校長先生に取材許可をいただき、29名の新入生を迎えた鍬ヶ崎小学校入学式の一コマを撮影しました。

 

[PLAYLIST not found]

宮古の惨状。3.31重茂半島各集落のようす

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
ガソリンもなんとか供給が安定し、重茂里地区から橋が復旧したという知らせがあったので、重茂半島の状況を取材してきました。ついでに姉吉地区にある「これより下に家を建てるな」と刻まれた津波記念碑も取材。重茂半島で最も被害が大きかったという千鶏地区まで足を伸ばしました。

宮古の惨状。3.31津軽石・赤前市営球場・JR津軽石駅付近

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
津軽石の稲荷橋を渡り市営球場、赤前地区の状態です。津波は宮古湾奥の赤前地区の水田地帯をのみ込みました。赤前には整備したばかりの市営球場がありましたが無残な姿となっていました。JR津軽石駅には津波で停車した宮古行きの二両編成の列車が波にのみ込まれ脱線したままになっています。津軽石から宮古までの線路はズタズタで復旧にはかなりの日数がかかると思われます。

宮古の惨状。3.28瓦礫撤去が進む鍬ヶ崎上町~仲町

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
甚大な被害となった鍬ヶ崎は瓦礫撤去が進みなんとか自動車が通行できるように復旧しました。上町付近の道の両側は瓦礫の山でつい先日までの見慣れた景色はどこにもありません。夜は真っ暗で知らない町のような感じがします。ありし日の遊郭・更科楼跡の動画はこちら→http://livecafe385.com/umineko_ch/?p=159

被災前の鍬ヶ崎上町風景はこちら→http://livecafe385.com/umineko_ch/?p=180

 

宮古の惨状。3.28瓦礫撤去が進む蛸ノ浜町から港町

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
震災直後は自動車や船、瓦礫、をはじめ波で動いた家屋などが道をふさぎ通行できなかった鍬ヶ崎は自衛隊をはじめ関係機関による懸命の作業で道が復旧しました。

宮古の惨状。3.28津波後の浄土ヶ浜

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
津波後の浄土ヶ浜に行ってみました。昨年新装オープンしたばかりのレストハウスは無残な姿になっていました。石浜は大きく削られ地形が大幅に変わり瓦礫が漂着していました。浄土ヶ浜レストハウスオープン時の動画はこちら→http://livecafe385.com/umineko_ch/?p=187

宮古の惨状。3.27宿浜~中の浜~女遊戸

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
震災から二週間が過ぎました。小雪がちらつく真冬のような昼下がり市街地より北に位置する小さな漁港とキャンプ場を訪ねてみました。

宮古の惨状。3.25山田線第34閉伊川橋梁

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
大津波により山田線の鉄橋は宮古駅側の桁から三個の橋梁が流失しました。最も遠くまで流れた橋梁は約800メートル上流の下水道水管橋まで到達しています。また、ニュース映像ではあまり写りませんが津軽石駅では列車二両が津波に呑まれ脱線したままになっています。被災後十数日が経ちますがガソリン不足は深刻で、取材に行きたくても自転車での移動しか手段がなく市内各所の状況はまだ不明な部分が多い状態です。

 

宮古の惨状。3.11小山田橋で津波に遭遇

Get the Flash Player to see the wordTube Media Player.
強い地震のあと大津波警報が発令され、その約20分後には津波第一波が到達。閉伊川河口を濁流となって逆流しました。